先日、加賀屋の原稿として、数年前に書いた私のコラムを読んでから、こうしています。というのがあったので、内容としては、ある程度記憶にありますが、いったいどんなことを書いていたのだろうかと、そのコラムを読み返してみると、結構、良いことが書いてありました。
当時は、毎日のようにゴルフをしていたし、細かいデータをもとにゴルフをしたりと、今の私とは、似ても似つかないようなゴルフをしていたんですね。

先日の試合でも、ティーショットの狙いどころ、グリーン周りの状況、傾斜や、芽などをスコアカードに書き込んで、メモを作りましたが、たまたま、今回読み返した、コラムの中に、当時、試合のために作ったメモが貼ってあったのを見ると、今のものより、明かに的確に書かれています。

コラムには当時の心境や、時々に感じた私の気持ちなども書いてありますが、私の経験や、こうやってゴルフをしていると書いて来たのは、読んでいる人の何か参考になったり、なるほど。そう思ってもらえたら良いと思っていた部分も多々あります。

日本でやっているゴルフは、気の置けない仲間とゴルフをする。毎回楽しくやっていますが、こんな環境では、緩いゴルフであり、緊張感を持つという感じではありません。
今のところ、1つ2つ読んだところですが、現在の私には程遠いというのか、何気なく読んでいると、私が書いたものなのに、他の誰かが書いたのではないかと思うほど、なるほど。そうだ。幾つも、思い出させられる。気づかされる点が多く、手前みそではありますが、良いことが書いてあるぞ。なんて思っています。
これから、たまに読んでみよ。




いつも一杯のお店を見つけたので、行ってみることにしました。

店の前に到着すると、すでにお客さんが並んでいます。

適度に混んでいるのは、良いのですが、しばらく待つのは・・・

さてどうするか、メニューを見ていると、純レバ丼が目に飛び込んできた。おーーーーー
純レバ丼といえば、浅草は、すし屋通りにあった。あずまの看板メニュー。
数年前に火事を出してしまい。それ以降は、すでに数年間、シートがかかったままです。浅草に行くたびに、見に行ってますが、相変わらずです。

ここの純レバは最高でした。ラーメンも東京ラーメン。醤油のあっさり系。

もしかして、あそこで習った人が始めたのか。それなら混んでいる理由も理解が出来ます。
それならと入ることに。食券の販売機で純レバ丼を注文。次にラーメンを見ると、こってり。あっさりが選択できるようになっています。
あずまの系統なら、こってりはないでしょうが、ある意味、頑固なお店だったあずまから、現代風になったのかも知れません。

すぐに純レバ丼が来ました。見るからに別物。まずい。次にラーメンが来ました。これも明らかに、別物。大体、あっさり醤油なら、スープは透き通っているはずですが、くすんだ色です。
食べてみると、まずくはありませんが、決して美味しいとは言い難い味でした。麺は最低。
街のラーメン屋さんに行くとある、広東麺のスープと味は似ています。

このところ、食べに行っているラーメン屋さんに行っておけば良かった。

しかし、どうしてこのお店が流行っているのだろうか。私には分かりません。

ご心配をお掛けしましたが、やっと腰の状態が良くなりました。

早速、練習してみると、どうしたものか、まだ腰の痛い状態。ボールは左に行きたがります。スライス打ちが左に行くのではゴルフになりません。
ボールに対するコンタクトも良くありません。

また、ちょっと時間がかかりそうです。

今月の末に、日本シニアが行われます。
私も来年は、何とかと思いますが、どうせやるようになるのなら、今年から挑戦すれば良かったのでは?そう思われる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

まず、関東シニアの予選が6月から7月にかけてありました。私がもし予選に出るなら、その前に申し込みをする必要があります。
申し込みは5月あたりになります。そのころの私は、試合などは全く頭の片隅にもありませんでした。それどころか、ゴルフを月に2度ぐらいやってみるか。と、そんな程度でしたので、万一、出ていても惨敗だったでしょうけど。笑

私が塩原に復帰したのが、7月でした。その上、HCは消滅していましたから、申し込みが出来るようになったのは、早くて9月の始め。5月では予選の申し込みすら出来なかったというより、9月には関東シニアの決勝が行われています。

2月に再開して、もう随分と経っているイメージですが、7月に塩原に復帰。8月にHCを取得。9月の5日に茨城県のシニア選手権があると知ったのですから、そう考えると、色々ありましたが、まだ、ついこの前のことなんですね。
試合が終わって、まだ3週間ぐらいしか経っていません。私の中では、もうかなり前の出来事のようです。

































































↑このページのトップヘ