今のところ、順調に体重は落ちていますが、昨夜はジャンクフードというのか、ダイエットに良くないものを、思いっきり食べました。
このところ、ケーキやおせんべ。ポテトチップ、アイスクリームなどを、控えめにしていました。

ずっと、ダイエットをしているとストレスも溜まるので、たまにはご褒美というのか、好きなものを食べて、またやって行こうと、気持ちを切り替える。食べてしまうと、すぐ体重に反映するので、せっかく減ったのに、すぐにこうなる。ご褒美と、戒めを同時に行いました。

アイスクリームを食べて準備を整えたら、まずは、シュークリーム。次はおせんべを食べる。その後はロールケーキ。またアイスクリーム。口の中が甘ったるくなるので、すかさず、おせんべを食べる。またアイスクリームを食べたら、再度おせんべ。この、あまい、しょっぱいのコンビネーションが最高です。
カップのアイスを3個。シュークリーム1個。ロールケーキ1つ。おせんべ1袋。

食べました。

茨城にいると、残念なのは、食べたいものがすぐに手に入らないことですかね。
例えば、私が食べたかったのは、トップスのチョコレートケーキ。私は1本まるごと行きますが、これは手に入りません。いつもお世話になっている。カスミストアにはないからです。

私が良く甘いものを食べる際、良くそんな甘いものが食べられるね。といわれますが、これが私にはわからない。こちらサイドから言えば、それなら、何であんなに苦いビールを飲めるんだろう。そう言いたいのです。
多分、そう私に聞いてくる人たちも、子供のころは、相当に甘ま~いものを食べていたはずなのに、いつの日か、甘さ控えめ。みたいになってしまいます。
甘いから美味しいのに、甘さ控えめ目ってなんだよ。控えるなら、食べるな。と、そんな感じです。

くだものだってそうですよ。甘さ控えめが好きなはずの、人たちなのに、くだものは糖度の高いものを好んで買うでしょう。

なんで。
甘さ控えめが良いなら、甘さ控えめのくだものでいいでしょ。

そう私は言いたい。

私は周りの人と比べると、病院が好きかもしれません。好きといえば、ちょっとおかしいのですが、正確に言えば、病院に行くことを決して嫌がらない。むしろ積極的に行く方だと思います。

その理由といえば、性格なのでしょうが、気になる。良くないだろうと思える。痛みなど。を、そのままにしておくのが嫌いだからです。そして、どこかに不調なところがあれば、一刻でも早く治したいと思います。
したがって、すぐに病院に行くしかありません。

海外にいる時ですら、何か気になるところがあると、まずはT先生にメールをして、どうでしょうか、と聞いてみることから始めます。
余りに私が細かいことをきにするので、T先生も面倒になるのか、もし悪い病気だったら、もう手遅れだし、今、大丈夫なら大丈夫。こんな返事が良く返って来ました。

60肩の時は、時間が経たなければ治らないし、生命に影響をするようなことではありませんから、相談もしていませんが、そんな時に限って、余り痛いなら、誰か紹介する。とメールを頂きました。
どう見ても、深刻ではない時に、連絡をくれて、癌ではないかと相談したら、悪いものだったら、もう死んでる。ですから、これってどうなんでしょう。

ですが、以前、友達が微熱が続いていると相談したら、すぐに病院に行くようにと、病院も紹介してくれたので、そう考えるとやっぱり、私の相談に問題があったようです。

話が随分とそれてしまいましたが、そんな病院好きの私が唯一、行きたくないのが、歯医者さんです。
歯を削られる際、あのキーンという音は、どうやっても好きにはなれません。
それに、歯医者さんイコール痛いと、インプットされているからでしょう。
私が一番嫌いなのは、麻酔ですね。麻酔の注射は痛いし。ぐいぐい針が入っていく感じが、見えるかのように伝わって来ます。
それから、麻酔が効いていると分かっていても、もしかして痛かったらと考えると、ドリルの位置が移動する度に、気が気ではありません。
冷静を装っていますが、気づくと、身体が硬直している。

歯医者さんが、患者に話しかける時、出来たらこちらは、聞いているだけで良い状態の声掛けにしてほしいですね。
たまに、質問というのか、こちらが答えるようなことを聞かれますが、こっちは目いっぱい口を広げて、それは話しづらい状況です。どうせ答えても、言葉になっていない。あ~。とか、う~。とかしか言えないし。うなずくにも、下手に顔を動かして、ドリルが変な所に当たった日には、目も当てられません。
たまにゴルフの話なんかされた日には、どうしたら良いのか、訳が分かりません。

インプラントは順調に行っているそうで、来月の始めに型どりをして、恐らく9月中にはインプラントの治療も終わりそうです。
烏山の医院もそうですが、スタッフの皆さんがとても親切で、笑顔が良いですよね。

私のところから、あきる野までは130キロありますから、偶然にも塩原カントリーと同じ距離です。運転も疲れますが、そんな時、癒されますよね。



昨日のラウンド中は、それほど感じませんでしたが、プレーを終えて、食事の後は体中が痛くなりました。

やっぱり、塩原でやった時に比べると、相当に来てます。
本千葉の時は、ゴルフの後、3日間は何もしたくないと思うほど、ダメージを感じましたが、今回はそこまでとは思いませんが、それでも疲れが抜けません。

明日はもっと酷いことになるのでしょうね。きっと。


色々と考えた末、ドライバーを換えることにことにしました。
現在使っているドライバーは、再開時、長年に渡り使用したものと同じものを探して、中古ショップで買ったものですが、さすがに8年も前のモデルですから、何か良いものがあったら換えようとは思っていました。
クラブはどんどん進化をしているし、比較的に新しいものならまだしも、8年もたってしまっては、ちょっと時代遅れということになるでしょう。
私のティショットは、基本的にはあまり曲がりません。年寄りは飛ばないのだから、その分真っすぐに行かなくてはゴルフにもなりません。
肩の痛みが始まってしまい、数週間、調整する間、曲がりに曲ってしまい。どうなっているのだろうと、自分でも信じられない思いでしたが、今ではほとんど曲がることは少なくなっています。

ゴルフをするという点では、今のドライバーで構いませんが、いかんせん、飛ばないので、体重も落ちてきたことだし、そろそろ良いのではないかと思いました。

色々と見た中で、私の選んだのはPing G410 plus 10.5 シャフトは、未だ考え中です。ピンのフェアウエーウッド、アイアンは使ったことがありますが、ドライバーに関しては、使ったことも、打ったこともありません。
もちろん、G410 も試打すらしていませんから、今のところ分かりませんが、M5かG410のどちらかにしようと思っていました。テーラーメードのドライバーは、どうしてもフェイスが開いているようにしか見えないので、ピンを使ってみることにしました。お店では、渋野選手が使っているんですよ。
といわれましたが、さすがにそれで買うほど、ミーハーではありません。笑


↑このページのトップヘ