今朝は6時過ぎに、100キロ先の日高に向かいました。
日本シニアオープンの予選会、練習ラウンドです。そもそも、家から近いところにある、茨城から出れば良いものを、出遅れてしまい、閉め切られてしまったのが、つまづきのもと。

朝起きると、振っていません。雨なら、その時点で行かない選択をするはずでしたが、ラッキーにも降っていません。振らないまでは、考えませんが、途中、パラパラぐらいまでは仕方がないとも思っていました。

高速道路を走っている間も、ほとんど降っていないので、もしかすると。と、そんな期待すらしてしまうほどでした。晴れ間さえ見えて来ています。


ゴルフ場につく頃、来てますよ雨。クラブを下ろして、サインをする。とりあえず、朝ごはんでも食べて様子を見よう。
またしても、晴れ間が出て来ました。これならと思うと、雨が。
その繰り返しです。

話は変わりますが、前回も思ったのですが、ここのご飯は美味しい。

25分ぐらい。ご飯を食べながら、外を見ていましたが、判断がむずかしい。
携帯で天気予報を見ても、判断がつかない。そう思っていると、ザーときました。スタッフの方に声を掛けて、今日は止めておきますから、バックをお願いします。

今日、明日、明後日が指定練習日なので、金曜日にといったところ、一杯ですとの返事。
指定練習日に選手が出来ないというのも、日本ならではですかね。

練習ラウンドの枠は、何組ぐらいですか。と聞いてみると10組です。
それではキャンセル待ちにして下さい。
現在、3人の方がお待ちです。
私が入れば4人になるのですから、コースが満杯でなければ、1組作れば良いと思いますが、そういうものでもないようです。

レストランや練習グリーンを見ても、練習に来ている人は、決して多くはないように見えます。
むしろ、それ以外の人たちで、混んでいるように見えるのですが・・・

これが一応、日本のナショナルオープンの予選会場ですか。



ゴルフの調子は、良くもないのでしょうが、悪くもない。
気持ちが入るかどうかで、スコアも変わるのでしょうが、モチベーションが高くないので、ダラダラです。

今日も練習に行って、泳いで温泉という、パターン。

風が強く、アイアンだけというので、アプローチの練習をしようじゃないか。
どうせならと、色々な打ち方をやってみました。

私が良く使うアプローチとして、56度のウエッジを開いて、低いボールを打ちますが、それを50度でもやってみました。
次に、62度のウエッジを思いっきり開いて、低いボールを打ってみると、56度なら抑え込めるのに、どうしてもボールが浮き気味に出てしまいます。

どうやったら、低く地を這うように出せるのだろうか、何球か打ってみると、何となくコツが分かって来ます。私の感覚としては、大きな木など切ったことはありませんが、斧を木に向けて真横から入れている感じ。右手だけの感じだと、平ら目の石を池に投げて、ツンツンツンと水切りさせる時、上から投げるのではなく、横からというのか、下から投げてやりますが、そんな感じで、クラブを通してやると、62度でも、ボールは低く出て行きました。

その時なんですね、スイングをいじりだしてから、まねごととしては、この辺りで良いのではないかと、思っていたのですが、こうやってクラブを入れてやったら、どうなるのだろうか。
近ごろ、ボールがつかまり過ぎの傾向にあったので、このように入れるは、よりハンドファーストになりますから、これで左を回避出来るのではないか。

ついつい、そんなことを考えてしまい、やってみることに。
今までのように振ると、どうしても上手く行きません。トップスイングに行く前から、下半身を開いてやり、クラブヘッドは、切り返しから、ダウンスイングにかけて、ネックから入れる感じで、ボールとマットの間を切り裂くように通してやると、素晴らしいボールが打てるんです。
もちろん、毎回ではありません。

明日は指定練習日、月曜日には予選会です。
まねごとのまま行けば、そこそこには出来るはず。どうする。どうする。あ~ダメだ。やるしかない。
何だか分かりませんが、私の場合、いつもこんな感じで、試合の前だったり、いじっちゃいけないはずの時に、何かを思いつくんですよね。
そして、これが絶対に良いなどとは、自信もないし、根拠もない。

下半身の始動が、今までより早く、動きも大きいので、一定には、どうしても振れません。
これが問題です。明日、明後日はゴルフ。金土日の3日日間では、時間が足りないし、休息も必要です。
だけど、やってみたい。危険だなぁ。

まさに悪魔の囁きの如くです。




今月は、大腸検査でスタートこそ、遅かったのですが、3、5、6、8、9、12、13、17、18、23、24、25、28、29、31日と、現在決まっているだけで、15回もあります。


雨は止めるので、6日、今日も中止にしましたが、それでも数が多いので、削りたいのですが、他の人との約束なので、難なく削れるといえば、日本シニアオープンの練習ラウンドと予選の2回です。

雨で中止になるのもあるとは、思いますが、数が多すぎる。悩ましいところです。やることは可能ですが、体力とメンタルが持ちません。


今朝、FSCCに入会した際、私の紹介者になって頂いたHさんから連絡があり、シャフトの注文をもらいました。
以前にも買ってもらっているし、やり取りは簡単に終わったのですが、その後、ゴルフ場の話になりました。
昨日の月例で、昼休みが1時間40分もあったという話をすると、ご迷惑をお掛けして、申し訳ありません。もう1クラス増やして対応しようかと、考えているところなんです。という返事がありました。
忘れていましたが、Hさんは競技委員をしています。
私は決してクレームをつけたのではなく、そんなことがありましたよ。そういった軽い感じで、言いましたが、競技委員としては、深刻だと考えたのかも知れません。

仮に、もう1クラス作るとの前提で考える場合、それで問題は解決されるのでしょうか。
イン、アウト、それぞれ、3組、4組づつ、競技参加の組が減ったとしても、根本的に、トップスタートの時間を8時にするか、最終のスタート時間を早めるしか、改善される方策が見当たりません。
競技参加者の数を減らせば、流れが良くなると、考えているのかも知れませんが、根本的な解決策とはいえません。
何故なら、競技会の組がイン、アウト4組づつになっても、減った分に競技会以外の組が入るのでは、何をどうやっても、1時間半ぐらいは待つようになります。

海外のコミッティーの決断は、変化をもたらす決定をすることが、可能になりますが、日本でのコミッティーの役割は、単なるお手伝いであり、解決策は、何ら期待出来ないのが現状です。
ゴルフ場は、7時20分にスタートすれば、待ち時間が1時間+40分になる。そんなこと100も承知でやっているのですから、トップスタートを8時にするのか、組数を減らすしか、改善策はないわけです。

仮にコミッティーが、その2つを決定をしても、100%ゴルフ場は、受け入れを拒むでしょう。

日曜日、もしくは競技会の日は、8時と12時半の各ホールスタートのショットガンにすれば良いのですが、レストランの売り上げが減るので、やりませんよね。

もっとも、食事込みの値段にして、午前スタートの人は、上がってから食事。
午後スタートの人は、スタート前に食事としても良いのですが、それを可能にするためには、メニューを2つぐらいに限定しないと対応出来ないだろうし、お風呂も大混雑になるので、そこまでしてやるぐらいなら、このままでとなるのでしょうね。
策は色々とあるのですが、どうせやりませんから、この辺で・・・

↑このページのトップヘ