シャローを意識したのが、5月ぐらいだったか、7月には最悪になりましたが、だんだん持ち直してきたのが、7月の後半からでした。
10月11月は練習を頑張って、やっと良い感じになって来たと思っていましたが、今日、2回目のレッスンでビデオを撮ってもらうと、一生懸命練習して来たトップの位置での掌屈を、もう少しクラブを立てるようにした方が、ダウンスイングでのクラブの軌道が良くなるという指摘を受けたので、そのように振るようにしてみると、それは、何十年もやって来たトップの位置と同じなんですね。
トップの位置で、ダスティン・ジョンソンのごとく、極端な掌屈を練習していたのに・・・

良くそんなに大幅にかえて、すぐに当たりますね。とプロが言うので、色んな打ち方をやっているので。と言っておきましたが、その瞬間、取り組む前に習っておけば良かった。と、後悔先に立たず。

今日はドライバーを打って下さい。データを取ってみます。

何球かドライバーを打つと。ヘッドスピードは43から44。初速が64。スピン量は2000以下ですから、低いそうです。その後も打ったので、20球から30球ぐらいは打ったと思いますが、数値的にいうと、ほとんどバラツキがないそうです。飛距離は240yプラス、マイナス5yだそうです。
ゴルフ場で、ちょっと飛距離が伸びたように感じているので、悪くはないのでしょう。
マン振りしているのではないので、こんなもんでしょう。


明日は暫くぶりの若洲。7時ごろのスタートは寒いでしょうね。


数週間前に健康診断に行きましたが、結果も来ないうちに、今度は普段の定期健診の予約日になりました。

とりわけ、何かあるというわけではありませんが、酷くなると、どんどん大変になるので、少しでも早く手を打つには、必要だと思っているので、面倒ですが続けています。


その後は、眼科に行きました。初めてなので、色々と検査をしましたが、このところの目の疲れ、視力の低下は、簡単にいえば、視力が落ちて、老眼が進んだ。したがって、乱視ではなかったようです。
視力が左右ともに0.7から0.8ぐらいになりました。

ゴルフを考えると、もう少し見えた方がよいので、コンタクトレンズなどで視力を矯正すると、今度は更に老眼が進みそうで、致し返しのような・・・
先生も、今のところはさして問題はないので、もう少し様子を見ましょう。ということで、終わりました。

取り敢えずは、新しく老眼鏡を作る必要がありますね。

練習に行って来ました。
ビデオに撮ってみると、頭の位置に気を配ると、肩の回りが悪く見えるのは、捻転が足りていないということでしょう。

加齢の為なのか、肩も身体も固くなっていく中、身体が自然に楽をしようとして、打っていたのでしょうか。
今は、始めのステップ1ですけど、アイアンを打ってると、概ね良いボールになってしまうのは、まだまだということです。

日課になっている、発送業務。ヤマト運輸にも毎日のように行くので、スタッフの人たちとは、すっかり仲良しです。笑

身体はパンパン。特に方から背中は石のようになっています。
タイマッサージに行って90分。ゴリゴリとやってもらいました。
その後は、プール。泳いだ後は温泉に行って来ました。

毎日、昼間はシャフトをいじっているというのか、組み上げの仕事をしているのですから、ずっとゴルフがらみの生活になっています。


↑このページのトップヘ