1日中、外には出ずに過ごした土曜日。大型の台風は、夜の10時ごろ、私のいる辺りを丁度通過しました。

大型台風と散々聞かされていましたから、どんなのが来るのだろう。その上、ガソリンはなくなる。パンがなくなる。懐中電灯や電池が売り切れとなって、その気持ち悪さといえば、独特の感じがありました。

停電になったら嫌だし、屋根が飛ばされてしまった日には、どうするの?そんな思いの中、台風はやって来ました。

テレビの速報では、多摩川が決壊しそう。あちこちの川が危ない。私の家の周りとて、傾斜があちこちにあるので、雨が集まって来て、浸水する可能性はあるのか。
考えても無駄なことではありますが、そんなことも思いました。

実際には、想像していたよりも、酷くなかった。実害も出ず、停電にもなりませんでしたから、個人的には助かりました。しかし、ここから近い、河川も氾濫してしまい。
多くの家が、水の中に。各地で停電にもなったようです。

全国的に水害が多く発生したし、亡くなった方も大勢出ました。
暫く予定はありませんが、きっとゴルフ場も、かなりの被害が出ているのでしょう。

長い間、こういった状況に遭遇することはない。考える必要もない安全な国にいましたから、あらためて日本は厳しい環境にある国だと思いました。

衛星か何かを打ち上げて、台風を壊してしまうようなことは出来ないものでしょうか。

昨日は台風を警戒して1日中、家から一歩も外に出ませんでした。
2日間、ゴルフをしたこともあり、疲れもあるし、そっとお休み。

テレビを見たり、台風情報を見たり、ゴロゴロしたりと、それこそ、腰には良いはずの1日を送りました。・・・送ったはずなのに、腰の状況は悪くなるばかり。
昨日までなら、痛みはあるものの、何とかゴルフは出来そう。という痛みの具合でしたが、昨夜、就寝する時には、横になるにも神経を使うほど、悪化しました。
休んだのに、何でという感じですが、気圧の関係なのか、ついに来たか。

今朝は目が覚めると、動けない。動くと痛い。

これで4,5日は、何をするにも、痛みがともないそうです。私としては慣れているので、来たか。という程度ですが、実際に日にちが経過していく過程では、毎回、3日も4日も、何ら改善が見られないので、このまま治らなかったらどうしよう。そう思うのもいつものことです。
腰の痛みは面白く、ずっと同じような痛みが続くので、そう感じるわけですが、1週間ぐらい経って治るときは、何の前触れもなく、何事もなかったように、気づいたときには、何も痛みがなくなっているパターンですから、何とも不思議です。



昨日は残り数ホールとなったころ、ちょっと違和感を感じていたので、18番はスキップさせてもらいました。

いつもなら、もっと痛くなって動きが取れなくなるのですが、今回は出来ないというより、何とかなるのかな。そう思わせるほどの痛みですから、これって考えてみると、曲者かもしれません。

気を付けないと、癖になりそう。この状態が日常化してしまったら、ゴルフに先はなくなるので、今回はしばらく休んで、良くなるまで待とうと思います。


歳を取ると、ゴルフがどうのこうのの前に、体調の管理が大切です。
身体の調子が悪いのでは、スコアを気にする前に、参加すら出来ません。

昨日は、ショートゲームで全くショートしたり、バンカーショットで大きなミス。
パッティングは、明かに自分で狙っているところより、右に出てしまったりというのが多く。それを意識すると、左に外す。とこうなりました。
ショットが左に行ってしまうのは、腰の影響だと思いますが、それ以外については、セットアップにズレが生じているので、その辺りの調整が必要ということです。

↑このページのトップヘ