プレーオフシリーズの第2戦。松山選手が63でトップに立った。実際にはまだやっていますが、残りのホールから見ても、間違いのないところでしょう。
つい先日、ショットは良いとしても、あのパッティングでは勝てない。と書いたら大爆発。
嬉しい誤算。
そろそろ優勝をしてもらいたいとも思うのですが、もし優勝すると、プレーオフシリーズの総合優勝にも
大きく近づくので、ぜひぜひ勝ってほしいものです。

心配なのは、やっぱりパッティング。
明日以降も、パッティングさえ、そこそこに入れば、ショットは良いのですから大丈夫でしょうが、久しぶりに中継を見る気になりますね。

開催コースのメダイナアは、シカゴ近郊の名門コース。この近辺には、トーナメントを開催できる素晴らしいコースが幾つもありますが、その中でも、メダイナはコーグヒル4番と並んで有名なコース。
私のメダイナに対する記憶といえば、20年も前の話になります。
NBAのスパースター、マイケル・ジョーダンは、説明の必要がないほど有名な選手ですが、所属したのがシカゴブルズ、まさにシカゴでは、神様のような存在でした。
当時は大統領より人気があるといわれていました。その選手、マイケル・ジョーダンを袖にしたのがメダイナだったんです。
つまり、彼がメダイナのメンバーになりたいと申し込んだ際、それを拒否したと、もっぱらの評判になっていました。

黒人差別と騒ぎにもなるほどでしたが、そこはメンバーシップのゴルフ場ですから、いかなる理由であっても、ゴルフ場がダメといったらダメになります。
ただし、あれだけ人権と騒ぐアメリカであっても、ゴルフ場の決めたルールに対して、周りから非難されることはありませんでした。
今でも、世界の多くの名門コースコースには、女性はメンバーになれない、プレーすらさせないという、現代では考えられないようなルールを、いまだに採用しているゴルフ場も多くあります。賛否は色々とあるでしょうが、会員制のクラブでは、どのような入会条件だったり、決め事があっても、それは尊重されるべきでしょう。
霞ヶ関がオリンピックをやりたいために、あれだけ厳格にやっていると有名なゴルフ場が、ルールまで変えてしまうのですから、日本では理解されないでしょうけど。



明日の関東地方は、とてつもなく暑いそうです。

元、高校球児は暑さには滅法強いらしく、自信満々です。もう一人は、こちらも元自衛官ですから、鍛え方が違います。年齢は、私と同じ?1つ下かな。普段からジムに通っているし、2人とも鍛え方が違います。一方の私といえば、二十歳までビニールハウスで育ち、夏にも冬にも、からっきし弱いタイプです。

気を付けないと、熱中症になるかもしれません。もっとも、38度にでもなったら、対策をしても効き目がありませんから、ゴルフというより、完走出来るのかどうか。


塩原の3日目、何となく思いついて、試したことが良い方向にいってくれたら、今後は、私のゴルフも少しは期待できますが、さて、どうでしょうか。
この数回のゴルフの傾向としては、始めの数ホール。始めのハーフまでは、何とか気持ちを、持ちこたえられそうな感じですが、それ以降は、如何にホールを消化するか、夢遊病者のごとく、進んでいくだけになってしまいます。

明日は無事に帰ってくる。そんな感じでしょうか。

すでに過去の話になってしまいましたが、先週のプレーオフシリーズの初戦をパトリック・リードが勝ちました。

私には数週間前、彼がダイエットをしているようで、スッキリとしたように見えましたが、彼のパッティングには定評があったし、そろそろ勝ちそうな雰囲気を感じていました。
もう5年ぐらい前になるのでしょうか、彼がトーナメントで初優勝したウインダムチャンピオン。PGAツアーの最終戦でしたが、彼のにこやかな顔、小気味の良いショット、強気なパッティングを見て、全く無名だった彼の優勝とトップ10、トップ20を買いました。
確か総額で300ドルぐらいだったと思いますが、8000ドルになりました。
ジョーダン・スピースとのプレーオフでしたが、やはり、当時はジョーダンも、無名に近い存在だったし、私は二人とも買っていたので、配当の多いパトリックを、その時は応援していました。笑

どうも近頃、ゴルフを見なくなってしまいましたが、やっぱり松山選手が活躍をしないと、力が入りませんね。
松山選手とて、全英の前には随分と良く見えたので、そろそろチャンスかと思って期待もしていましたが、ショットが良くても、あのパッティングでは勝てません。

頑張ってほしいものです。

↑このページのトップヘ