さて、小さいスイングをしてみますが、どうでしょうか。ここも初めてやって来ました。

10番スタート。フェアウエーはかなり広い。ボールは相も変わらず右へ。広いので次が打てます。ピン筋に飛ぶも入らず。

11番パー3はやはり右。12番も右。13番では右にOBを打ってしまう。コースがどうのこうのではなく、これではどうしようもない。
長年ゴルフをやっていますが、これだけドライバーが曲がった記憶がありません。私は誰に聞かれても答えるのは、1番簡単なクラブはドライバー。
そんな私がこうなるのですから、ゴルフは上手く行きませんね。
IMG_0926


ティーグラウンドに行く度に、少しづつ待たされるので、色々と考えを巡らせます。
肩に負担をかけないで振るには何が良いでしょう。ベースボールグリップは?握ってみると、違和感が全くありません。右手が利きすぎる感じですが、素振りでは、肩の違和感はありません。

実際に打ってみると、ボールは左へ。しかし、調整の利く左ではありませんから、即座に却下。
前半は42回。

1番のティーで、どのようにバックスイングを取ったら、ピクっていう感じにならないのかを、色々と試しますが、何をやっても違和感がありました。
その時です、小さいスイングにしたら、何とかなるかもしれないと思った理由として、アプローチではほとんどそうならないのだから、小さいスイングなら何とかなるかも知れない。そう考えました。
しかし、どうやらそんな単純なものではないようです。
では、何でショートゲームでは大丈夫なのだろうか。 左足体重?
私は50歳を過ぎたころから、6年ぐらい左足体重にして、その場で回転をさせる一軸のスイングをやっていました。
素振りをしてみると、何となく良い感じ。それでも、実際に打とうとしてアドレスをすると、暫くぶりなので、多少なりとも鋭角に上がるバックスイングには違和感を感じます。
1番のティーショットは、多少右でしたが、スライスではなく、真っすぐにややプッシュ気味。前半なら確実に右の林でしょう。アイアンも同じようなボールでした。
それからは、多少、怪しいボールも出ましたが、ドライバーはどんどん良くなり、8番、9番は思い通りのボールが打てました。アイアンはドスライスこそ修正されましたが、もう少しといった感じです。
後半は36 
2回も続けて、手の施しようのないゴルフをしたので、相当にブルーでしたが、ちょっとばかり光明が見えたのか。もう1度ゴルフをすれば、ハッキリするでしょう。

IMG_0924

ゴルフ場のレストランが、フードコートのようでした。
注文をすると、ブザーをもらい。出来上がったら、自分で取りに行く。食べ終わったら、自分で下げる。その代わり、安いし、飲み物もドリンクバーですから、飲み放題でした。従業員の確保も大変でしょうし、このようなゴルフ場が増えるかも知れませんね。



やっと70台で回れるようになったと思ったら、今度は60肩になりました。
50肩の時に比べると、症状は軽いとは思いますが、打ったボールは、全てが右にしか行きません。
全ての人がなるわけではないでしょうが、きっと多くの人が40肩、50肩、60肩で辛い思いをしている。した経験のある人が多いのではないでしょうか。

歳を取るということは、本来、ゴルフがどうのこうのの前に、若い時には考えなくても良かった、体調不良や予期せぬ故障との向き合い方を、考えておく必要がありそうです。

今、決まっている予定としては、明日は玉造の若海コース。6月6日、霞ヶ丘CCで城ノ内町会のゴルフコンペ。9日は、やはりお店のお客さんとセベ・バレステロスが決まっています。
ハッキリといえば、今の状況では行きたくない。毎ホール、辛いラウンドが待っているだけです。

何とか打開策はないのか。今日は練習場に行って来ました。打ってみると、PWで打っても右に出ていくし、7番で打っても、ドライバーを打っても、右に出ます。この2ラウンドのゴルフ場でのショットと全く同じです。
色々と考えてみましたが、トップスイングでピクッと来るので、そのまま振っては、全部振り遅れてしまいます。曲がり幅が大きいので、左を向いて打つだけでは対応しきれません。
さて、どうする。
私の結論としては、今までより、更に小さいスイングをすることでした。再開してからは、肩の可動域を広げようと、肩を回すようにしたり、上体をねじるようにとやって来ました。しかし、それでは、ピッとした瞬間に力が抜けてしまいます。
ただ、それで良くなるのかといえば、決してそうではなく、曲がり幅が少なく抑えられるだけですから、油断すると、すぐにボールは右に出て行きます。

現状では、暫く休む、また止めてしまうという選択肢はありませんから、今、出来る中で、何が出来るのかを、探し探しやっていくしかありません。
もちろん、小さく振ったから、それで解決という、簡単なものではないとも理解もしています。

明日から、試行錯誤しながらになりますが、何とか対応策を見つけなくては、今後のゴルフが辛すぎます。

先日、マエシンさんが砂かぶりにいたので、取り組みの間、ずっとテレビに映っていました。

リアクションが大きいので、相撲を見ているより、マエシンさんを見ている方が、相撲より面白く、特に栃ノ心が負けた時には、頭を抱えていたのを見ると、最近のお気に入りは、栃ノ心だというのが、良く分かりました。

稀勢の里はこの近くの出身だそうで、引退してしまいましたが、この辺りでの彼の人気は絶大です。

私も相撲を楽しみに見ていた時期もありましたが、海外で暮らすようになってから、ほとんど見なくなりました。
相撲も見ると面白いんですよね。

↑このページのトップヘ