実力者が上位に来て、その上、団子状態になっているのだから、見ていてこれほど楽しいマスターズはない。
ビッグネームがしのぎを削る中、その一方で、日本人選手を見てみると、お寒いばかり。テレビの中での話題として、常に話されていたのは、予選を通る、通らないの話ばかりだった。


それからもう1つ。相も変わらず、アナウンサーが酷すぎるということだろう。
いくら何でも酷すぎる。もう少し、ゴルフを分かった人が携わるべきだと思う。ジャスティン・ハーディング選手が18番でパッティングを外した際、彼の表情が映し出されたが、それを見たアナウンサーが、中島プロに、今の表情はどういう意味でしょうか。
そんなこと、分かるわけがない。質問をされた中島選手も、思わず言葉に詰まってしまう。

全米アマを勝った選手に対しても、全米オープンを勝ったという。もちろん、言い間違えなのは分かるが、その間違え方がおそまつすぎる。
中島プロとのやり取りでも、かみ合わない。
彼は以前、相撲も担当していたと記憶しているので、スポーツ全般にやっているのだろうが、マスターズだけでなく、国内のゴルフ中継もあるのだから、ゴルフ専門という形にはいかないものだろうか。
彼の資質というより、TBS側に改善をしてもらいたい。




ありがたいことですが、今日もリシャフトの件でMさんよりメールを頂きました。

リシャフトに興味を持たれている方は、一般的にいえば、ゴルフに対して熱心な方が多いのは、間違いのないところでしょう。
クラブを買う時点で、何かしらのシャフトはついているのだし、オリジナルのシャフトでも商品が悪いということはありませんから、その上で、余分なお金を掛けてまでリシャフトをするということは、ゴルフに熱心なかたということになります。

毎年のように新しいシャフトが発売されますが、10y伸びる、15y伸びると、そのたびに飛距離がのびれば、10年もすると、とんでもない飛距離になりますが、そうはいきませんね。

しかし、余分なお金を出してまでリシャフトをするには、それなりに理由もあるものです。
私がクラブを買うたびにリシャフトをして来た理由として、飛距離はもちろんのこと、真っすぐに打つためには、シャフトのキックポイント、硬さ、更には総重量やヘッドバランスが自分に合ったものを使いたいからです。

多くの方は、どの硬さのシャフトが合っているのか、ヘッドバランス、総重量、長さについても、自分に合っているのか、分かっていない人が多いはずです。
もし、お店に来て頂ければ、ヒヤリングをすることで、色々と分かるし、ボールを打って、スイングを見せてもらえば、詳しいことも分かりますから、私からこんな感じになりますと、提案することも可能になります。

以前、大量生産のドライバーでも、1つ1つヘッドは違うといいました。スライスフェイスやフックフェイスも、全てを出来るわけではありませんが、多少のことなら、それらも直すことも可能です。
スライスで困っている人は、捕まりやすくなるシャフトを使う方が良いし、更にいえば、硬すぎるシャフトを使っている人も、スライスになりやすいものです。
ライがフラットでも、そうなります。スライス系の人が、手元調子のキックポイントのシャフトを使えば、更にスライスに悩まされることになります。ヘッドバランスが重すぎても、スライスの原因になります。
そういった点を考えても、やはり、その人の最大限のパフォーマンスを出すためには、合っているシャフトが良いし、クラブとてそうなります。

合っているシャフトやクラブを分かっている人が少ないように、合っているシャフトやクラブを提案できる人も少ないのが現状でしょう。
そういった意味では、私ならその点にアドバンテージがあると思います。

どうぞ、お気軽に相談して下さい。

お客さん同士、お客さんと私、お店に来ている、来ていないに関わらず、いつでもチャットで会話が交わせるようにと、チャットルームを作ろうとしていますが、只今、もがいています。

昨夜は友人のOさん。彼は元NTTデータに勤めていたので、本来であれば、このような案件には、とても詳しいはず。それが例え専門外であれ、システムの概要は理解できると思うのですが、これが全くダメと来ている。

そのくせ、いかにも分かりますよという口ぶり。
私は今までに何度となく、任せて下さい。簡単ですよ。そう言われて、教えてもらったことがあるのですが、確率的に上手く行ったことは、10回に1回ぐらいしかない。
私自身、パソコンや携帯の扱いに自信がないため、どうしても、彼の出来る出来る詐欺のごとく、アピールに引っかかってしまう。
失敗をするたびに、もう聞くのはやめようと心に誓うのだが、よせばよいのに、ついつい聞いてしまう。

彼がチャットワークを使っていると聞いていたので、昨夜、それについて聞いていると、それなら内容からいってもLine@を使った方が良いですよ。そういわれました。
それが悪魔のささやきだとも知らず。この辺りは、いつも自信満々な物言いなので、引っかかる要素だ。
Line@をダウンロードして、必要な入力すると、携帯の番号が同じなので、個人のラインが出てきてしまう。
ゴルフ好き集まれ!!!のグループにしようとすると、このまま続行する場合、データを失い場合があります。そのようなメッセージが出たので、取りあえず、その場は踏みとどまり。
彼に状況を伝えると、ラインとしては、一人の人がいくつかのアカウントを持てるのは理解しているので、そのままグループラインを作っても大丈夫です。

この自信満々な言い方に。そうなんだ。と思ったのだが、過去の傾向を考えると、踏みとどまる方が良いはず。しかし、そんなことは常識ですから。と彼。

ボタンを押してから、30秒ぐらいだったか、ライン辞めたんですか?と知り合いの方から、携帯のショートメールが届く。
私はこの瞬間に、また出来る出来る詐欺に引っかかったことを理解しました。

多くの友人。特に海外の友人たちのデータを失いました。
泣く。

↑このページのトップヘ