錦織選手が昨夜も勝って、2年連続でベスト8進出を決めた。

フレンチオープンは、連日のフルセットマッチを戦ってしまい、ナダルとは戦えない状況でしたが、今回は1セットを落としただけで、勝ち進んでいるので、フェデラーとの戦いにも期待が持てそうです。
今までは、ベスト8になると、ジョコビッチ、フェデラー、ナダルなど、ランキング上位者との戦いでは、それまでの戦いとは別人のように、歯が立たないので、何とか頑張ってほしいものです。

松山選手は7位タイでのフィニッシュ。最終日は見ていませんが、談話としてパターが入らなかったということですから、やはり、勝っていくには、パッティングのスタッツを改善させる必要がありそうですね。
ショットは良くなっているようですから、今後に期待したいです。

そういえば、今回、ゴルフチャンネルの解説を大町プロがしていました。
言葉の使い方、話題の豊富さ、現地の情報などを織り込んだ解説が素晴らしかったと思いました。

ゴルフといえば、石川選手が勝ちました。
ゴルフ界にとって、彼の勝利は、色々な面で大きいのは間違いのないところです。
プレーオフのティーショットは、カーとパスにあたって大きく跳ねて、フェアウエーに出ましたが、あの場面で、あのようなラッキーが起きるのは、やはり彼が何かを持っている選手の証明のような1打でした。
スター性という意味では、松山選手をも凌ぐ存在なので、ぜひとも、ドンドン勝ってもらいたいものです。
畑岡選手にも期待しています。

忘れてはならないのが、大谷選手。
アメリカでも衝撃を与えていますが、海外で活躍するスポーツ選手が大勢いる中、掛け値なし、間違いなく、本物と思えるスポーツ選手は、大谷選手だけといっても過言ではありません。
よく2年目のジンクスなる言葉もありますが、彼にはそんなものは全く無縁です。
今シーズンも当たり前ですが、オープン戦、2軍戦にも出場せず、ぶっつけでの復帰を果たしたものの、打率も3割に乗せ、ホームランも、松井選手の31本を超えてしまうかもしれません。
何ともいえないのが、あのパワーです。並みいるメジャー選手の中に入っても、群を抜いているのですから、すごいの一言。
イチロー選手はもちろん、スーパースターであることは間違いありません。しかし、アメリカ人が最も好む、最も認めるのは、やはりホームランバッターですから、その意味でも大谷選手という男は、アメリカの野球史も、書き換えてしまうような選手になる可能性が大いにありますから、目が離せませんね。


前半の9ホールが終わったところで、またもやSさんからお尋ね。
ご飯にしますか、スルーで行きますか。
3番ホールで我々の前の組から、我々は時間が掛かるので、お先にお願いします。とパスをしたこともあり、1時間30分でハーフを終わっていました。

どちらでも構いません。と私。休憩しましょうよ。とHさん。年長者の意見を採用してクラブハウスに戻る際、良かった、これで呑める。とHさん。
レストランに行くと、すぐにウイスキーのボトルがやってきた。さぁ、呑みましょう。呑みましょう。

私は下戸ですが、なんと、Sさんも呑めないそうです。 なんだぁ、残念だねー

グラスの半分以上、ウイスキーを入れたので、濃いハイボールを呑むんだなぁ、と思っていたら、そこにビール(新しい飲み方?)を入れて呑んでいました。
休憩時間は40分。
私とSさんは、ずっとHさんの独演会を拝聴しましたが、何故か内容は、すでに何度も聞いたことがありました。笑
IMG_1743


後半のスタートは10時30分。
相変わらず、スイスイでした。12時7分に終了。
プレーの後、レストランでかき氷を頼むと、300円、安い。
メンバーフィーは、食事付きで5700円
IMG_1747


フロントで清算する際、ちょっと確認したいことがあったので、すみません。会員権のことで、何度かお話を伺ったHさんは、いらっしゃいますか?
Hですね。そちらに立っているのが、社長のHです。
IMG_1741


彼は朝、私がキャディーバックを下ろした際、外で働いていましたが、今度はフロントの脇に立って、上がってくる人に声掛けをしていました。
ゴルフ場の社長自ら事務所を出て、働いているという人は多くないと思いますが、私が思わず行ってしまったのも、彼の対応が余りに素晴らしかったからでした。このような方が、社長をされているゴルフ場なら、良くなることはあっても、悪くなろうはずがありません。


私の確認ごとは、お願い事でもありましたが、その時の答えが、また素晴らしかったんです。
普通なら、前例のない場合、丁寧に断ります。しかし、彼の答えはこうでした。
良くわかりました。即座にお答は出来ませんが、出来るように、こちらで何か手立てを考えてみようと思います。
もちろん、可能になるのかどうかは分かりません。しかし、彼の言い方には、出来るだけのことは、やりますよ。そんなメッセージが伝わってきますから、もしダメであっても、素直な気持ちで仕方がないと納得出来ます。

ちょっと距離はありますが、出来るだけこのコースに行こうではないか。そんな気持ちにさせてくれる
Hさんは、素晴らしい方だと思います。

1か月ぐらい前でしょうか。偶然に塩原カントリーのHPを見たのがきっかけで、私の処遇はどうなっているのか確かめてみようと、コースに電話をかけてみました。
その時、対応して頂いたのが、Hさんでした。
正直なところ、遠いし、過去にも数年に1度といったペースでしたから、今更という気持ちでいましたが、今思えば、Hさんの対応が誠実で、とても印象が良かったので、数日間、考えはしましたが、復帰をすることにしました。
IMG_1746

7月から塩原カントリーに復帰をしましたが、HCの取得方法。一人で予約することは可能なのか。質問してみようと電話をかけると、偶然にもHさんでした。
今回も的確な答えを頂きましたが、もし一人で行く場合、プレーは可能でしょうか。という私の質問に対しては、予約などしなくても、プレーには全く問題はございません。特に土日は、朝来て頂ければ、それほどお待ちいただくこともないと思います。ぜひ、お越し下さい。

そうなの。リゾート地のゴルフ場ですから、フリーで来るお客さんが多いとも思えませんが、Hさんの答えは自信満々、言い切ってました。
そこまで、言われたら行くしかありません。しかし、そうは思っても、決して近いゴルフ場ではありませんから、明日行きますね。と、即答は出来ません。
明日の朝、もし早く起きれたら、行ってみようか。そんな感じでした。

5時に目が覚める。外を見ると、道路は濡れてしましたが、雨は降っていません。5時30分に出発。
お客さんのTCさんは、那須に別荘があるので定期的に行っているようですが、下道を行って、矢板インターから高速に乗るというルートで、3時間弱と聞いていました。
実際に走ってみると、ずっと良い道が続いているし、渋滞もありませんからとてもスムーズ。2時間10分で着きました。
サインをしたのが7時45分。予約はしていませんが、今日はプレー出来ますか?
はい。それでは8時14分でお願い致します。あっという間にホルダーを渡された。

本当だった。

ご一緒したのは、宇都宮のHさん80歳と船橋のSさん75歳。お二方とも、ゴルフ場の近くに別荘をお持ちだそうです。
Sさんが、私に今日はどのティーからやりますか?というので、それではブラックティーからお願いします。そういうと、それでは我々も、ブルーティーからお付き合いしましょう。
Hさんは、とにかく面白い人で、良く笑い、良く喋る。私にお気遣いなく、前からやって頂いても結構です。そういうと、私はね、65歳から勘定するのはやめたんですよ。だからどっからやっても同じ。そういって、大笑い。
とても元気な人で歩くのも早い。正確にわかってしまういうなら、せっかちかな。数えるのはやめたという割には、1打目終わ~り。2打目を打つと、2打目終わ~り。と言っている。
唯一の問題点は、壊れた録音テープのように、同じ話を繰り返して喋るので、数ホール後には、こう来たからこうだ。と、次に何をいうのか、全てが分かってしまうことだろうか。笑
もっとも、多少のことは全てをチャラにしても有り余る魅力の持主です。
IMG_1745


朝いちのショットは、右に出ないように気をつけましたが、私の予想に反して、捕まっていました。別に意を持って何かをしたわけでもありませんが、この傾向は、今の私にとっては救いの神様が来たようです。
したがって、ティーショットは断然良くなりました。
それでも、60歳の私にとって、7000yは厳しいです。しかし、今日はアプローチとパッティングがとても良く、スコアは38・38の76.今日は結構、風もあったし納得です。

というわけで、1枚目のカードを出して来ました。










↑このページのトップヘ