アースモンダミンカップで、大塚会長は、来年もネットでの配信を考えているという。
テレビ局側は、当然のごとく、面白くないらしい。

見ている側の大半は、ネット配信を大歓迎だろうし、スタートホールから試合終了まで、ライブ配信されたのですから、多くの人が満足したはずです。今まで、地上波では録画されて、編集されたものを見せられて来たのですから、両者には大きな違いがあるし、勝敗をつけるなら、文句なしの状況です。
こんな時、必ずテレビ局に忖度するというのか、かばう人が出てくるものです。

その言い分は、ゴルフがスタートしてから、ずっと、ゴルフを中継して、ゴルフ界を支えて来た地上波にも、恩義があるというのです。
本当にそうでしょうか。もしその論調が正しいのであれば、一時、人気のなかった女子ゴルフ。現在の男子ゴルフの中継がなくなるはずがありません。
実際には、土曜日の中継がなかったり、中継そのものがなかったり、する時もあるので、到底、支えているとはいえないでしょう。

視聴率が取れなくなれば、どの地上波もあえて放送はしないはず。もっと言えば、中継は録画、ライブの場合は、途中で終わる。優勝争いを映さず、特定の人気選手ばかりを映す。
情報化の進んだ現在、結果が先にネットに出てしまい、優勝者がわかってしまったテレビを、興奮してみる人はすくないはず。
制作側と見ている側に、乖離があることも、分かっていないような人たちが作るのですから、どうしようもありません。
もしかしたら、支えていたのではなく、放送がつまらないから、見なくなった、人気が下がったとさえ、いえるかも知れません。

石川選手や松山選手が海外に行った時だって、シード選手に対する、出場義務の試合数を設けましたが、従わず、放棄した松山選手に対して、何人もの評論家がこう言いました。
今までお世話になった、日本のゴルフ界に恩返しをするためにも、出場義務は果たすべきだ。

全く逆でしょ、何をお世話したの。彼らは力があるから優勝した。人気者だからファンが増えた、視聴率が上がった。トーナメントへの来場者が増えた。恩恵を受けたのは、協会側のはず。

もし、お世話するというなら、今のような状況下、キャディーさんや、出場出来ない選手たちに、協会は、何かしたのかな。
協会は、活躍できない選手たちに、手を差し伸べますか?
協会に対する上納金だけ取って、ダメな選手は消え去るだけですよ。

スポーツの世界はみんなそうだし、それは海外だって同じです。
だから、そこから頑張った選手たちには、富と名誉が与えられる仕組みになっていますし、選手たちの協力を得て、ボランティアや寄付を行うのですから。
そういった意味では、活躍する選手ほど、多岐にわたり協会に貢献をしていることになります。

活躍できない、収入がない選手に、米と肉、野菜を配っているなら、お世話したというのも良いでしょうが、実際には使い捨て、良いところ取りをするのですから、こんな論理はナンセンスでしかありません。


私のところには、定期的にゴルフオーストラリアから、イベント情報として競技会の案内が届きます。
これは別に特別なことではなく、ゴルフオーストラリアに登録された全員に配信されています。
IMG_4596



毎年、この時期、サンドベルトシリーズとして、メルボルンの7つの名門コースで、連日開催されます。


これらは、地元ビクトリアの人でも、簡単には回れないゴルフ場ですから、オーストラリア全土から選手が集まります。その上、サンドベルト、ゴルフ場に最も適しているといわれている、砂時のエリアですから、全てのコースが7キロ以内に集中しているという、稀有なところでもあり、州外の人も、拠点のホテルから、すべてのゴルフ場が10分以内に行けるという利便性があります。
通常の試合は3日間で行われますが、この試合は、毎日単独で行われるので、全試合に出る人もいますが、体力と相談して試合を選んで参加するのが一般的です。

しかし、超が付く人気の試合の為、エントリーが開始されると、あっという間に一杯になってしまいます。

私のいた頃は、現在とは少しフォーマットが違っていて、ハンティングデールとロイヤルメルボルン?は入ってなく、当時は1日休憩を挟んで5コース連続開催だったと記憶しています。
IMG_4595 (1)

IMG_4598


私は毎年、ゴルフ中にメールが入るので、家に戻ってから、エントリーをしますが、そうすると、大体その時点で、人気どころは一杯になっていました。

思い起こすと、2015年だったか、私が参加した初戦のヤラヤラのレイバーンドトロフィー。一日中、強烈な風が吹いていて、確か、参加者の2人しか70台がいなかった日がありました。
その時の優勝者が、私です。ちょっと自慢かな。笑

コロナでなければ、10日位行って参加したい気分です。
当時のように、勝ってやる。勝ちたい。というのではありませんから、旅行がてら、旧友に会い、ゴルフをするといった感じでしょうが・・・もっとも、新陳代謝の激しいシニアですから、すでに多くの人が出ていないかも知れませんね。

日本なら、所属のコース、JGAのHCを持っていないと出られませんが、オーストラリアだけでなく、世界に出れば、例えインチキなJGAのHCでさえ持っていれば、誰でも参加が出来ます。
この辺り、日本のJGAの、大幅に足りない人たちに、改めてもらいたいのですが、たちの悪いことに、彼らは、そんなことは百も承知なんですね。ただただ変える気もなく、鎖国をしているんですよ。





アースモンダミンカップをみていましたが、YouTubeとはいえ、最後までライブで中継されるのですから、多くの人が、これからは、この形で続くのが、良いと思っているのではないでしょうか。

コロナは、悪いことばかりですが、もしかしたら、これがきっかけになって変わる可能性もあります。
地上波は、今まで通りやるのでしょうが、今回の試合を見て、多くの人が、もし、今までと同じ放送をみれば、不満が募るでしょうから、クレームが増えることで、変わることも、多少は期待できます。

私が出るはずだった、シニアの試合は、雨で中止となり、先週の順位のまま、決着になりました。
日本では当然のことです。

あるゴルフ場では、クラチャンの予選だったようですが、大雨で一般のお客さんは、スタートせず、コースも空いていたので、グリーンに水が浮いている中、9ホールで予選をしたそうです。
これも、来週以降のことを考えると、最悪はじゃんけんでもやって、予選通過を決めない限り、クラチャンそのものが中止になるでしょう。

これらのゴルフ場がどうのこうのではなく、それが名門コースであっても、結果は同じようになる可能性が高く、1週間、順延ということにはなりません。

翌週の予約に対して、ゴルフ場が勝手に、キャンセルは出来ないからです。
そして、このような実例をみると、やはり、日本にはメンバーシップのゴルフ場が無い。という証明にもなります。
オーストラリア、アメリカでも同じような経験をしていますが、同様のケースなら、100%順延されて行われるからです。

プロのトーナメントだって中止になって、短縮されたり、ハーフだけになったりする日本ですから、アマの試合などは、当然だと思う人も多いかも知れませんが、これらの常識は、日本だけのもので、それだけ、トーナメントなら主催者、アマの試合なら、ゴルフ場にいいようにされてるということです。
つまり、メンバーとは名ばかりで、ゴルフ場とすれば、やらせてやっているという感覚なのでしょう。

予備費として、翌週を空けられないのであれば、せめて、翌週の予約の人に対して、予約は受けますが、クラチャンが順延になった場合、お断りすることがあります。それぐらい、告知して予約をするぐらいのゴルフ場が出てきて欲しいものです。

↑このページのトップヘ