肩の具合は、当然でしょうが全く良くなりません。
ゴルフも全くダメ。
仕事柄、今のところ月に3,4回、ゴルフの予定もいくつか入っていますが、今ほどゴルフに行くのに気が重いと感じる時はありません。

もし、2,3か月で治るなら、私としても、そっと、お休みをしますが、奇跡でも起こらない限り、それはないでしょう。むしろ、動かさないでいると、どんどん硬くなるのでしょうから、厄介な状況です。

ダメだと思いながらやるゴルフ、実際にやってみると、ことごとく上手く行きませんから、これほど不愉快なものはありません。温厚な私?でも、暴れそうになります。
40代、50代と40肩をやりましたが、それでも、ここまでゴルフが悪くなることはなかったので、他にも何か原因があるのかもしれませんが、散々たるものです。

英語でStruggleという言葉があります。もがく、あがくといった意味です。ゴルフでも、絶不調で何をやっても上手く行かない、もがき、苦しんでいる姿をみて、この言葉を使います。
まさに今の私でしょう。

今のまま、練習もせず、対策も取らず、何もせずでは、何も変わりません。ましてや、やられっぱなしでは、面白くない。
そこで私は決断しました。

私の好きな言葉は、直感、ひらめき。嫌いな言葉は努力。

この状況を打開するために努力をする。ではありません。   
Struggle にwith をつけると、闘争、戦うになります。中には努力など書く辞書もありますが、それは馬鹿な学者の誤訳ということにしましょう。笑 努力はeffort一本で行きます。

従って、私は今の状況を脱するべく、戦います。