ぺ・ソンウ選手インタビューの一部です。

何よりも、日本と韓国のツアーでプレーする選手たちの印象にも、違いを感じるという。韓国は結果重視、日本は内容重視という印象を受けるそうだ。

「韓国女子ツアーはサファリパークのようで、虎やライオンと戦っている感じがします(笑)。とても怖いです(笑)。すべての試合、すべてのホールで火花を散らしながら熾烈に争うスタイルで、最近は若い選手も続々と台頭してきます。

それに比べると、日本は全体的に結果よりも内容を重視するように感じます。韓国は結果に対する追求が強く、日本は内容に対する追求が強いという特長があると思います」


私にとって、とても興味深く読んだし、韓国人選手が世界で活躍する理由、日本人選手が活躍できない理由が読み取れると思いました。
前後の文章を読んでも、日本の良さが書かれているし、言葉はオブラートに包まれていますが、結局、日本ツアーは楽だという意味でしょう。プロは結果が全てなのだから。