今日も練習に行って来ました。

結構、練習しているのに、こんなにうまくいかないものなのか。納得いかないだけでなく、不甲斐なさにいら立ちも覚えます。
トップの位置で掌屈のポジションから、切り返しにかけて、一拍、おくような感じで間を取る際、そこからスタートする、ダウンスイングでの動きが、どうしても一定のリズムで振ることが出来ずにいます。
私にとって、バックスイングからトップスイングまでは、何ら問題なく出来ています。というより、ここまでは、今までの私もそうだったし、トップで掌屈のポジションにすることも、違和感がほとんどありません。

問題はここからで、私は何十年も、下半身の無駄な動きを極力抑えて、上体だけを回転させるように打ってきました。ところが、今度はトップから下半身始動、インパクトでは蹴り上げる動作まで入れるのですから、簡単にはいきません。

そこで、まてまて、私の場合は、スイングの改造をするのではない。折り合いをつけるのでもない。まねごとをしているんだ。そう自分に言い聞かせてやるのですが、あまりの不甲斐なさに、苛立つんです。
私が練習していた時、Tさんも来ていたようで、どうやら、後ろで、私を見ていたようですが、私はしばらく気づかないままでした。おはずかしい。

今のところ、まねごともうまくいきません。

目標を決めないと、何を狙ってやるのかがハッキリとしません。したがって、やめた時は、平均が73・2ぐらいだったので、そこまでは戻れませんが、目標を75にしよう。日本のHCシステムだと、大体このあたりでHC0だと思います。当面このあたりを目標にしてみようと思うのですが、どのぐらいまで行けるのか。とっても謎です。