私のキャディーバックの中で、唯一、ドライバーだけがRシャフトが付いています。
シャフトを選ぶ中で色々なシャフト、硬さを打ちました。もちろん、Sシャフトでも打てます。
シャフトに関しては、その特性をちょっと変えてやるだけで、全く違うもののようになるので、特に今回は、どのようにしたら、私にとって操作性が良くなるのか、気持ちよく振れるのかをやってみたところ、Rシャフトにして、ヘッドバランスを変えないように、全体の重量を少し上げてみたら、良い感じになりました。

肩の具合の変化などで、また違うシャフトを使うようになれば、それはSシャフトになることもあるでしょうが、今の感じなら、この形がベストなのでしょう。
きっと、誰かが私のキャディーバックをのぞいたら、このドライバーだけ、何でと思うでしょうね。

ウエッジもRシャフトで良いのですが、今、使っているウエッジは3本とも、7.8年ぐらい前のクラブを中古で買ったものです。NSのSシャフトがついてはいますが、それぞれが、お疲れのようで、どう見てもRシャフト程度でしかありません。

ディアマナのサンプは、もともとUT用のシャフトとして発売されましたが、今では、FWとアイアン用も発売されています。
本来、ハードな作りだったので、恐る恐るUTにつけましたが、現行のものは、以前のものに比べるとソフトなので、今ではFWにも挿しています。
先ほどのウエッジも含めて、どこかの時点でアイアンをサンプに換えてみようと思っていますが、どうして、ドライバーのシャフトだけが発売にならないのかが不思議です。
アイアンやウエッジだと、そのうちに付けてみようかぐらいですが、もしドライバーがあるのなら、速攻で付けてみたいと思うシャフトなのに。残念です。