2019年09月

テンセイとZFの2本を持って練習場へ。

同じ長さなのに、ZFは短く感じる。何でだろう。Sシャフトを先日打ってみましたが、ちょっと硬いのではないかと思い、SRを作ってみました。

バランス計がないので正確な数値は分かりませんが、ZFは明らかに軽い。バランスを貼ってみると、いい感じになったが、出玉に多少、バラツキもある。
今日、1回での調整は無理なのでしょう。ZFならオリジナルの重りを、そのまま付けて打つ方が良いのではないだろうか。
私の感じではC9からD0ぐらいだと思うので、如何にも軽い。

良いシャフトだと思いますが、調整する時間が必要です。

明日は初めてのアスレチックガーデン。前から良いという評判を聞いていましたが、いかんせん、東京からでは遠いので、行けませんでしたが、この辺りからだと、40分ぐらいで行けるようです。
初めてのゴルフ場に行くのは、ちょっと楽しみです。



このところ、ずっと悩まされてきた尿管結石にとりあえず、さうようなら。
しかし、まだあるようなので、今後も痛みが発生する可能性を、いつでも秘めています。

昨夜、マッサージに行った際、痛みのあった部分を良くもんでもらいました。
寝る前に、トイレに行きましたが、その時、何やら尿道の中を異物が通過しているという感じを得ました。

出た。一瞬のことでしたが、飛び出した際、茶色い色も確認。3mm以下と聞いていましたが、もう少しありそうな感じ。便器に落ちた際、カチッと音まで聞こえたのですから、存在感も抜群です。

出来たら、もう2度となりたくはありませんね。無理か。

今日は試合会場の玉造、捻木コースに行って来ました。朝から、うだるような暑さ。
こんな時こそ、一人予約の活躍です。おじさん2人に女性が一人。
IMG_2502

私は練習ということもあるし、いつものことだから、個人的にバックティーの申請をしました。
それでは、私たちもという人たちもいれば、私たちはここからでと、前から回る人、様々です。

8日振りのゴルフ、今日はちょっと腰も重い。
1番パー5をパー。続く2番もパーとするも、3番でボギー、4番ではダブルボギー、5番でもボギーとなりました。グリーンを外れると、異常ともいうほど遅いグリーンに、感じを出して打っても、全く届きません。笑
台風の影響でしょう。今日は仕方がありません。
6番でもボギーと、半ば諦め気味。8番で4mが入って、前半は40回。
コースは結構トリッキー。左右に来る池は、利いているので、ティーショットには神経を使うし、とにかくグリーンが大きいので、パッティングの良くない日には、今日の私のようになるでしょう。

IMG_2501

10番のパー5はティーショット、セカンド、上手く打っているが、3打目120yかなりの上り。3打目を7番で完璧。ピン筋に飛んだので、楽しみに行ってみると、グリーンはとてつもなく長い。25mも残っていた。2mオーバーするも返しを入れてパー。
良いショットを続けたのにやっとこのパー。 
打ち上げになるホールは、見た目よりも長いし、グリーン面が見えない。グリーンが大きいので、距離を合わせるのが難しい。
11番は450yもあった。ティーショット完璧。それでもセカンドは5w。これも完ぺきだった。3mの下りを入れてバーディー。
15番のパー3
ちょっと左に外したが、グリーンのすぐ脇だし、良いだろうと行ってみると最悪でした。
ライは左足下がり、しかもグリーンは左から右への下り傾斜なので寄りようがない。私のすぐ後ろから、アプローチした人は、手前に当てて寄せようとしたが、逆目なのか、落ちて急ブレーキ。
それならば、ボギーでも良いと、ロブショット。ショートだけはまずい。これも完ぺき。ピンの手前50cmに落ちたボールが入った。
2つ潜ったので、良しと思った17番ぱー5。3打目は打ち上げ。175yをUTで上手く打ちましたが、手前のバンカーからグリーンまでが10y以上あったので、グリーンに乗らずどころか、アプローチの足場が取れません。ボギー。結局35回 トータル75回。

IMG_2500

スコアは75でしたが、今日のゴルフは悪くはありません。始めのほうこそショートゲームに悩まされましたが、途中から噛み合って来たし、微妙なパーパットもみんな入りました。
ザックリもなかった。

何だか良く分かりませんが、チッピングで大ダフリを毎ラウンドやりますが、その反面なのか、この数か月、グリーン周りからチップしたボールが、本当に良く入ります。
2月から、10回は入っているでしょう。こんな感じで、ピン筋にパー3で打てるようになれば、10回目のホールインワンが出るかもしれません。
IMG_2499

このゴルフ場はパー5が曲者でしょう。4つとも、簡単にパーをという感じではなく、すぐにボギーを打ってしまいそうです。

ところで、18番のティーでのお話。今日ご一緒したYさんが、明日はどこに行こうかな。突然、そういうので、明日もゴルフですか。そう聞いてみると、暇だから行こうと思ってるんですよ。
それじゃ、私は明後日、アスレチックガーデンというところに行きますから、一緒にどうですか。
せっかくだから行こうか。
ということで、4人になりました。笑
ゴルフに行って、何度もキャディーさんとは仲良くなりましたが、62歳のおじさんとゴルフの約束をしちゃうんですから、私も変わったものです。


茨城県のゴルフ協会事務局から、エントリーしました。それから参加費の支払い票が届いていたので、コンビニで払おうとしましたが、郵便局でしか払えないということで、行って来ました。

協会に電話をかけてから、今日の支払いまでの一連の流れをやってみて、日本のやっていることは、相当に遅れていて、とても先進国とは思えません。
世界のゴルフ環境は、ハッキリといってグローバル。国内のリンクはもちろんのこと、世界にネットワークは繋がっています。

私が住んでいたビクトリア州の試合に出るとしましょう。協会のHPを開けると、年間の試合スケジュールが見られます。その中で、自分の出場したい試合をクイックすると、現在のエントリーした人の名前、HC、所属クラブ。詳細が出てきます。
ゴルフリンクナンバーを入力すると、その人のデータが全て反映されますから、その場でエントリーが出来るし、クレジットカードやデビットカードで参加費も払えます。
それが、オーストラリア全土対象の試合でも、エントリーと支払いは全く一緒で、家から、スマホから出来ます。

今の日本のやり方では、全く時間の無駄としか言いようがありません。

私はイギリスの試合には、全英シニアアマしか出ていませんが、エントリーから支払いまで、ウエブサイトでやりました。
アメリカの試合には、全米シニアアマ、その他、何試合も出ていますが、全てウエブサイトからエントリーも支払いもしています。

今のやり方では、日本の人にも相当に不便でしょうが、言い方を換えれば、海外の人を締め出している
ということもいえます。



私は長年パッティングに病んできました。

ボールを打つことに関しては、悩んだことはありませんが、パッティングに関していえば酷いものでした。特にオーストラリアでゴルフをするようになった時、1m以内のパットをどれだけ外したでしょうか。
初めてメンバーになったゴルフ場では、クラブで1番曲がらないドライバーを打つ男。クラブでNo1のバンカープレーヤーといわれましたが、パターに関しては、余りに良く短いパットを良く外すので、わざとやっているのではないかと、いわれたこともありました。
それだけ、パッティングが下手ということです。

長年やっているので、どうしても本数は増えると思いますが、パターについては、間違いなく200本以上買ったはずです。
もしかすると、もっとはるかに買っているかも知れません。
いつしか、買いすぎるので、安いパターは買うのをやめ、高いパターを買うようになりました。なぜなら、自分が下手なのを棚に上げ、パターが悪いから入らない。良いパターを見つけてやる。そう思うようになりました。

オリジナル、私が生まれたころのウイルソンの8813、8802、アーノルドパーマー。ハンドメイドのTPミルズ。タッドモア。当時は1本数十万円。パーマーのL字は50万円以上しました。
近年では、ハンドメイドのスコッティーキャメロンです。私は5本買いました。最初のは30万円。
次は40万円。最後はGSS。なんと110万円。しかも、どれ1つ入りませんでした。

ある日、ゴルフ場でパッティング練習をしていた時、クラブのプロが。調子はどう?と聞いて来たので、パッティングが下手過ぎる。どうしたらいいだろう。その間、私のパッティングを見ていた彼が、ちょっと待ってて。そう言って、プロショップから、半円上のアルミ板を持ってきました。
1mのパッティング。ネックを、その板に付けたまま打ってみてというのです。その時、始めて私のイメージしている軌道が合っていなかった。と、分かりました。
ネックを板に付けたまま打つと、ヘッドを真っすぐに引いて、真っすぐに打つということになるのですが、私には真っすぐに引いているのではなく、インサイドアウトに感じました。
ミスは押し出すタイプでしたから、右に出さないように意識すると、ヘッドばかりをインサイドに引いいていたようです。そうすると、こすってしまうので、余計右に出てしまいます。

それを修正してから、私のパッティングは急激に良くなりました。

思い込みと、錯覚。パッティングに悩んでいる人は、この当たりをチェックてみると良いかも知れません。




↑このページのトップヘ