2019年11月

茨城県に住むようになって、どこからでも良く見えるのが筑波山。
IMG_3124


初めて行ったのが、住むようになって間もなくでしたが、それから、もう今日で4回目。
筑波山を見ると、心が穏やかになります。
高くもないし、猛々しいわけでもなく、他の人はどう思っているのかは、分かりませんが、私としては、母親をイメージします。

前回だけは、歩いて登るなどとバカなことをしましたが、私のお気に入りは、ロープウエイで登る、女体山です。
IMG_3130

別にどうってことはなく、毎回、ロープウエイを降りると、そこにある見晴らし所。その脇にあるレストランに寄るだけですから、時間にして30分ぐらいでしょうか。
男体山の方が、どちらかといえばにぎわっていますが、私はこの狭いというのか、どちらかといえば、活気のない方が好みです。
毎回、まずはロープウエイの乗り場にある、ソフトクリーム売り場によって、いつも、おねえさん?たちをひと笑いさせてから、乗ります。
IMG_3126
IMG_3127

今日は、甘酒と肉まん。もつ煮込みとみそおでんを注文。
美味しいものは、何もありませんが、腹もたちません。笑

IMG_3129

初めて行った時、あのゴルフ場はどこだろうといったら、休憩所のおねえさん?がつくばねですよ。そう教えてくれたので、凄い山だと聞いていたから、ここから見ると、フラットに見えますね。
そんな話をしたから、つくばねに行ってみたら、それはそれは、凄い山でした。

IMG_3131

いいなぁ、筑波山。

IMG_3112

すっごい寒い日です。完全武装で行ったつもりも、まだ寒く、1度ティーに行ってから、これはダメだと、フロントに戻って、カイロを買おうと思いましたが、売っていなかった。
練習グリーンも真っ白。今にも凍りそうです。

初めての扶桑カントリークラブ。

先日のレッスンでは、ラウンドする際は、極端にせず、試せそうな場面があればやってみて下さい。
そういわれましたが、それじゃ意味がないし、スコアなんて悪くても構わないから、やりますよ。

そうですか、楽しくなくなりますよ。と、そんな会話がありました。

昨夜は練習に行きましたが、オープンスタンスにして、捕まえに行く。始めのうちは気持ち悪かったのですが、アイアンはそこそこに行けました。UT,FWもまずまず。
ところが、ドライバーとショートゲームが最悪でした。
ドライバーは、とくに酷く、フック感じにボールが飛ぶのは良いのですが、時よりチーピンが出ます。
ショートゲームは、下から入れる感じで打てば、良いわけもありません。

1番は打ち下ろしとはいえ、450yもあります。右は池。私の場合、左が怖いと思うことはまずありませんが、構えただけで、左が嫌な感じです。
素晴らしいボールでセンター。手がかじかむなかパー。2番は200yのパー3。扶桑って短いと聞いていたけど???
3番のパー5も550y。6800yあるのだから、長くはないが、短くはない。その上この寒さ。ボールも飛ばない。
ここまでのティーショットは文句なし。
4番。天気は良いので、少し暖かくなって来た。
そう思ったら、思わずフックしてOB。
次のパー3を終えて、狭いパー4。左がOBなのでスライスのイメージで打つも、ボールは綺麗なドロー。当然のごとくOB.
曲がらない男としては、OBの量産は珍しい。

2度、大ダフリをしましたが、アイアンは良くなった気がする。
その後は、ドライバーも良い感じ。ボールは明らかに飛んでいる。
9番は、打ち上げのホールで、距離もあったが、テーショット、セカンドともに素晴らしく。70cmに着いた。
42回。
後半は1,2番とティーショット、セカンドも悪くなかったが、3番で、今日1番のチーピン。しかし木に当たって出てくる。過去の2つのOBは何もなかったので、そのままOBだったが、今回は木が多かったので助かった。なぜか、私の場合、概ね出てくる。

次をパーにして、その次は、ティーショットは良かったが、セカンドはダフリ。グリーンの手前から、上手く打ったはずのチップは1.5mオーバー。そこから3パットでダブルボギー。
結局40回。
練習通りの結果が出ました。

メンテナンスもイマイチなので、何度となくベアグランドのようなところから打ちましたが、思ったほど、打っているボールは悪くはないと感じました。
レッスンを取る前、いい感じに打てていたのですが、バックスイングの際、頭の位置を変えたことで、左肩が下がっているように思うと、気持ちが悪く、チーピンも出るし、ダフリも出ますが、今日、やってみて、思ったより、早くものになるのではないか。そう思ったりもしています。

ただでさえ、バックスイングで左肩が下がっている気がするので、左足上がりのライ。つまり、右に傾いた状態では、何とも打ちずらい、バックスイングが取りずらい。
だから、ドライバーが打ちずらいのだとも思いました。



兼ねてより、予約をしていたレッスンに行って来ました。

考えてみると、オーストラリアでパッティングのレッスン。ショットのレッスンを1回づつ。計2回。日本では、一回もレッスンを取ったことはありません。

プロたちとラウンドしても、コースマネージメントについて、話したりはありますが、向こうから打ち方について、何もいわれたことはありません。

オーストラリアだと、上手い人もレッスンを取ったりしますから、珍しくはありませんが、日本では、私の知っているかぎり、上手い人たちは、レッスンを取る習慣がないので、プロも戸惑ったようです。

取り敢えず、打ってみて下さい。私が数球打つと、上手ですね。やはり上手い人は、前傾が崩れないんですよ。そういうと、前と後方からスローを撮っていました。

もし、治すなら、頭の位置ですね。今のままでも決して悪くはないと思いますが・・・

私は長年ゴルフをして来ましたが、どうしたら、マシーンのごとく振れるのか、再現性を保てるのか、身体の動きを最小限にして、余計な動きが起きないようにとやって来たので、今回、色々と変えようとした際、何十年もやって来たことと、真逆をやるので、今回はどうしても上手く行きません。
だから、習う気になりました。

そうですか。本当に良いんですかね。

やりますよ。

今のスイングでシャローに入れて来るには、トップの位置で体重が右にかかり過ぎなので、そのまま無理にシャフトを寝かせると、ダフリやすくなります。
従って、一軸にするというのか、体重移動をなくして、その場で回転させてやる方がクラブを倒しやすくなります。

確かに、ダフリが多くなった。

ドローに打って下さい。

少しクローズにして何球かフックを打つ。

ちょっと見てください。ドローを打とうとするスイングなら、クラブの通りが1番良いですよね。

一軸はオーストラリアで何年もやっていたし、最近の練習でも、シャローに入れる。入りやすい形にするにはと、クローズドスタンスにして打っていました。
ここまでは、すでに私も取り入れていた。

今度はスクエアに構えてドローを打ったり、オープンスタンスにしてドローを打って下さい。

オープンスタンスで、フックのイメージを出して打つのは、シャンクが出そうで、気持ちが悪い。
しかし、練習場なので、気持ちが悪い気持ちがするだけで、打つのはそうでもない。

そうです。そうです。これなら、明かに良いと思います。
しかし、相当、色々な打ち方を試していますね。そうでなければ、こんな簡単に対応出来ませんから。

オープンスタンスでフックを打つと、イメージとしてはバックスイングで、左肩が落ちるようになるので、体重移動がしづらいから、矯正する練習にはこれは良いです。

今日のレッスンはここまで。
次は何時にします。というと。

3週間後でも1か月後でも、良いと思いますが。

始めが肝心だから、何度か、細かくやりましょう。

そうですか、それでは来週の火曜日にしましょう。
だけど、これだけ上手いのですから、スイングを変えても、スコアが良くなるとは限りませんよ。
本当に良いのですか。

そんなこと気にしなくて大丈夫です。
どうせ、やると決めたのだから、徹底的にやりますから。
春までには、治したいんですよ。

そんなにかかりませんよ。

腰の動かしかたが、スムーズになるエクササイズも聞いてきました。
ということで、次回です。








昨夜は、すっかり観念していましたが、何とかならないものかと、1日1回しか貼れないというシップを腰に貼り、これまた、初の試みですが、強い痛み止めを飲んで寝てみました。
朝、目が覚めた瞬間に、痛みがないと分かりましたから、よしとシャワーを浴びて外に出ると、雨が降っているではありませんか。
すぐに戻って、天気予報をみると、8時過ぎには止むとの予報でした。連絡もないし、遅刻するのもまずいので、取り敢えず行って、雨なら中止にしようと出発しました。

道々、雨は弱くなり、晴れ間も見え隠れ。ゴルフ場に着くころには、完全に止みました。
IMG_3106


寒い。とにかく寒い。
暖か下着で行きましたが、とても足りそうにありません。合羽を着こんで、帽子も万が一のために持って行った、毛糸の帽子。

練習場では出来たことが、実際にゴルフ場で出来るのか。
10番のティーショットはセンター。このところ、雨が多かったので下が悪い。
セカンドはダフリ。グリーンの手前5m。ライは良いのですが、ボールに泥が付いています。全く飛ばなかった。ボギー。
何となくしっくりしない中、14番のパー3。6番アイアンは振り遅れ。何と池に入ってダブルボギー。
アンダーパーで、回れそうなはずではないの・・・
17番フェアウエーにあるボールは、またもや泥が付いていた。こびりついているので、粘土の質のよう。ボールは左に。どうしようもありません。ボギー。
18番は6mが入ってバーディー。39回
やっぱり、イマイチ。
IMG_3107


1番は素晴らしいティショット。セカンドは1m。
4番も7mが入ってバーディー。ちょっと良い感じ。下が悪いので、ボールの飛距離まではハッキリしませんが、悪くない感じ。
5番のティーショット。もう少しシャットに上げてみようと、試みるも、練習場でも出る振り遅れ。
出しただけでボギー。
7番ティーショットは素晴らしかったが、またもや、泥が・・・・真っすぐに出たはずのボールは、突如として不規則な軌道で右に。どうしようもない。36回
後半は良いショットも結構ありました。しかし、泥には勝てません。
前半に比べると、明かに後半は良かった。
IMG_3105


素振りと実際のスイングが違う人は、少なくありません。
練習場のようなボールが、コースでは打てない人も、少なくはありません。
どちらにも該当しなかったはずの私も、今ではそうなっています。

長年に渡り、考えて来たこと、やってきたことは、どのようにしたら、毎回、同じように振れるのか。
どのようにしたら、スイングにズレが生じないのか、どのようにしたら、そのズレを早く、感じるのか、見つけられるのか。

今、私がやろうとしていることは、今までとは逆で、どのようにしたら、違う動きに出来るのか。をやっているのですから、簡単ではありません。
IMG_3104

今日のゴルフは、結果こそ出ませんでしたが、悪くはなかったと思います。



折角、良い感じになったと思ったら、今朝、起きると腰がしぶい。痛いという感じはないのですが、微妙なところです。

このまま痛くなるのか、治まるのか、分かりませんが、分岐点にいるようです。

大事を取って、朝からおとなしくしていますが、明日はスプリングフィールズに行く予定なのですが、どうでしょうか?

むずかしいかなぁ・・・・


年寄りには、これがあるんですよね。個人差はあるのでしょうが、私の場合、このあたりが一杯なのかな。そんな感触の時に、そのまま続けると、必ずといって、こういったことになります。

やっぱり、オーバーワークだった。


↑このページのトップヘ