2020年01月

朝から、お腹がよじれそうになりましたが、何とか落ち着きを取り戻す。

車は次々に到着して来ますが、クラブハウスのオープンは7時と書いてあります。しかし、そんなことはお構いなし、来る人来る人、どんどんクラブハウスに入って行きます。

私はルールとマナーを重んじる男として、7時までは待っていましょう。

ということで、車にいましたが、来る人来る人、上着を着ていない。中山は、確か上着着用ではなかったのか。

朝から人間ウオッチングの時間になってしまったので、中々、ゴルフ編になりません。笑

7時を過ぎた頃、万を持してクラブハウスへ。

受付に行くと、カウンターのところにモニターがあります。お名前を、お願いいたします。
受付の女性に名前をつげると、モニターから、スタート時間と名前を確認して、サインなしでロッカーのホルダーをくれる感じです。
なるほど、これは良いシステムだと思っていましたが、さすがに中山、笑わせてくれるのは、お客さんだけではありません。

すみません。お名前を入力ミスしていました。そういうと、いつもの紙が、おもむろに出てきました。結局は、サインをすることに。

レストランで和定食を食べていると、マエシンさんがやって来た・・・はず。
階段の下から、声がするので、姿は見えなくても、来たのが分かります。

おはようございます。
あれぇー。今日は高麗かなぁ・・・・外を見るマエシンさん。ごめん、高麗だ今日は。
おいおいおい。Mさんが来るからというので来ましたが、高麗だと聞いていたら、それでも、きっと断ったでしょう。

テンション、ダダ下がり。ご飯を食べたら帰りたい。

その上、今日はちょーーーーー寒い。風も吹いている。高麗。の3重苦。


午前中は39回。
IMG_3586


午後からの12番。マエシンさんは風邪の影響か、体調が悪そう。今日は寒いし、マエシンさんも具合が悪そうだから、やめませんか?と、私がいうと、Mさんも、そう思っていたようで、やめよう、やめよう。となり、寅さんではありませんが、今日はお開き。

ゆっくり、お風呂に入って、お茶会。











今日は家を6時ちょっと前に出ると、全く渋滞がない。7時15分ごろに到着したいと考えていましたが、何と6時半についてしまう。

仕方がないので、駐車場に車を止めて待っていると、次々に車がやって来ます。

私の隣にレクサスの小さい車が止めようとしています。車は小型ですが、乗っている人は大きいので、よく車に入れたと思ってみていました。
普段はそれで目をそらせてしまいますが、今日はそうは行きません。その人は、当然のごとくバックで止めようとするのですが、大きな体が邪魔で上手く操作が出来ないのか、1mバックしては、2m前に進むむ。またバックで、そおっと下がりますが、また戻るの繰り返し。

そんな繰り返しを5回ぐらいやったでしょうか。もちろん、朝早いので、周りに車は、私だけです。
そんな中、なぜ私の隣を選んで止めようとしているのか、理解に苦しみますが、私の隣といっても、そのエリアは簡単な鉄柵で作られた屋根があるので、私の車と彼の車の間には、充分なスペースがあります。

何度も切り返して、やっと収まるとき、私には疑問が浮かびました。

車が鉄柵に寄り過ぎている。どうやって車から降りるつもりなんでしょうか。・・・当然のごとく出られない。
というより、ドアを開けようとしましたが、ちょっと開いた瞬間に、鉄柵にはドアが触れました。

どうするのだろう。隣は隣で大変でしょうが、こちらはこちらで、吹き出しそうになっているのを、こらえるので精一杯。

結局、その人は、その隣のスペースに車を移動させようとしますが、今度は鉄柵がないので、目印がないためか、何度やっても収まらず。ついには諦めて、何も障害物のないスペースまで移動して、広いところに止めました。

相当に光るキャラですが、この人が、いったいどんなゴルフをするのか、見てみたいと思いつつ、彼がクラブハウスに入って行くまで、見守っていました。



明日は数年振りの中山CC?
何年か前に、マエシンさんと行ったと記憶しています。

夕方から、借りている、ゴルフ好き集まれの!!!店舗の大家さんのところに行って来ました。
その後、すぐ近くにあるプールに、行っていましたが、プールから出て、車に乗り込むと、突然ですがとゴルフのお誘い。
少し前に、電話で話しましたが、その時は、何もいっていなかったので、急遽、誰かが行けなくなったのでしょうか。
それこそ、中山どころではない、もっと長い間ご無沙汰をしているMさんが来られると書いてありました。誘い方が上手い。
私はその方が、好きなタイプ。こう書くと男同士なのに気持ちが悪いようですが、もちろん人柄という意味です。

今日は龍ヶ崎で81回と書いてあったので、少し復調気配なのでしょうか。
私としても、肩の具合が良くありませんから、人のことをいっている場合ではありませんが、マエシンさんとのゴルフも、考えてみれば、新袖以来か?
と、そう思ったら、年末にやってたんだ。良かったすぐに思い出して・・・

こんな感じですから、もしかしたら、中山だってやっていたかも。

5時半には起きないと。



今日はゴルフではありませんが、10時に金乃台に行って来ました。
支配人と、女性スタッフのYさんと約束をしていたからです。

金乃台に入って、1か月が経過しました。ちょうど、良いところ、悪いところも見えてくる頃です。
昨日まで、口頭でと思っていましたが、子供の使いではないので、きちんと書面にしていこうと、思い直し、朝方作って行きました。

私の提案は3つ。
1)メンバーとビジターが、一緒に参加できる競技会の新設。
一般的にゴルフ場で行われている競技会は、オープンコンペのように、新ぺリアで行いますが、そうではなく、例えば月例と同じように、フルバックのティーを使用した、ストローク戦の試合を開催する。
HCを持っている人でないと、参加は出来ませんが、現在は、どのゴルフ場も採用していない画期的なものです。メンバーはクラブ競技ですから、HCに影響してきます。
日本のHCシステムでは、他クラブから、JGAのHCに入力が出来ませんので、ビジターの方には、試合のスコアカードを渡して、ご自分のクラブから入力をしてもらいます。
もちろんOKなし。正式な試合と同様です。

2)競技会での1ペナの廃止。
金乃台は狭いホールと、林の向こうが傾斜になっているので、ボール探しに時間が掛かる、安全上の問題として、幾つかのホールにおいて、競技会でも1ペナを採用しています。
もちろん、普段のラウンドにおいては、1ペナの採用は構いませんが、競技会となれば、そのようなものは廃止をしてほしものです。
ボール探しや安全性をというのであれば、競技会の時だけ、その黄色杭をOBとして、やる方が良いのではないでしょうか。

3)前田信吾さんからの提言。ハウス内を明るくする。
これは、私の意見ではありません。火曜日、マエシンさんと話している時、金乃台はイメージが暗いんですよ。確かに施設内には間接照明が多く、全体的に薄暗い感じです。
これからゴルフをやるぞ。そういう風に思えるよう、照明を明るくした方が良い。私としては、それほど気にはなりませんが、年間200回以上もゴルフをして、あちこちいっている人がいうことですから、一理あるはず。

お二人とも、決定権はありませんが、私の意見に賛同出来るので、本社に上げて検討してもらう。ということになりました。


    

春のような暖かい日でした。
このところ肩の具合が良くなかったこともあり、練習にも行っていませんでしたが、3WとUTのリシャフトも出来ていたし、Tさんにグリップも届けてもらったので、付けてそのまま行って来ました。
UTはまずまず、3Wはロフトが14.5ですから、どうなんでしょうね。シャフトも使いだしで、とんがっていますから、もう少し、馴染んで来ないと、といった感じです。

先日、書類をもらった水戸レイクスですが、書類、写真、住民票と全てを揃えましたが、見送りにしました。
私なりに思い入れのあるゴルフ場で、コース、温泉も良いのですが、提出の手順について、電話で幾つか、お尋ねをした際の、回答もハッキリとしないし、入会申込書を見ると、裏面に規約として、全て了承したものとする。
理事会の決定には、絶対に従うなどと、ゴルフ場の都合の良いことばかりが書かれていて、入会申込書には、住所と名前しか書くところがありません。
普通のゴルフ場であれば、本人の略歴やゴルフ歴なども書くはずです。
書類に漏れがあるのではないかと思い、尋ねると、書類には触れず、そうですね。それでは、ご自身で略歴とゴルフ歴を作ってください。
明かにいい加減です。

このところ、色々とゴルフ場を調べていましたが、今回、私の経験として、何でも良いので、何か、ゴルフ場に直接電話をして、聞いてみることをお勧めします。
最初は、フロントに繋がると思います。基本的にフロントの方は、お客さんと直接対応するので、比較的、良いと思うのですが、そこから、次に出てくる人の対応が悪い。聞いたことに、明確に答えられないような場合、やめた方が良いですね。
好き嫌いは別として、入る価値があるようなゴルフ場なら、誰が出ても良い対応が出来るものです。

今回の件も、そのまま出していたら、きっと後で後悔したでしょう。
私としても、今までとは違って、クラブハウスに疲弊が見えても、内容が良くなかろうとも、どうせ月に1度、月例に出るだけ。ですから、細かいことには目を瞑ろう。と、そう思っていたのですが、やはり無理のようです。

↑このページのトップヘ