色々と書きましたが、大前提として、それもこれも人によります。
HCだけでははかれません。
例えば、競技に出たくない人がいった。キャディーさんに対する点でも、上手い人だから、そういうのではなく、競技に出ているから、そういうのでもなく、人それぞれでしょう。

しかし、多くの人から見て、そうなんだろうし、データ的なものからいえば、そのような形なのかもしれません。

私から言わせてもらえば、周りの状況をみてプレーをしてもらいたい。
誰でもトラブルになる可能性があります。その時に時間が掛かるのは仕方がありません。しかし、前が空いてしまい、後ろが来ている状況では、すこし急いでもらいたい。
前に追いつくために、早く打つのではなく、行動を早くしてほしい。
私のゴルフに1番影響を与えるとすれば、こういった人たちかもしれません。なぜなら、そういった状況が嫌で、私自身がとりあえず、進むことばかり考えるからです。

日本人の大半は、ゴルフに限らず、意識が高いので、実際に遅い人たちですら、自分たちが遅いとは気づいていません。もし気づいていたら改善されるからです。

私の場合、プレーは早い。ゴルフは上手い。キャディーさんには、手間はかけず、楽しい会話ですから、それこそ理想的なゴルフファーではないだろうか。笑

本人としては、当然のように思うわけですが、これも実際には独りよがりのようで、Nさんからは、相当に感じが悪い。といわれています。
先日もお昼休みの会話で、Nさんから、本人としては、こうしたいと思っているのですが、上手くいかないんですよね。どうしてですか。と言われたら、何の躊躇もなく、下手だから。

クラチャンになりたい。HC4のIさんにさえ、何もかにも足りない。そういうのですから、感じが悪いといわれても仕方がありません。
私の聞いた言葉で、謙遜は最大の自惚れ。この言葉が気に入っているので、なるべく、思ったことをいうようにしていますが、これらも、私が勝手にそう思っているだけですから、反感を買う要素の1つです。

競技会に出る、出ない。もっといえば、ゴルフとは、ただボールを打って前に進ものではなく、なるべく少ない数で上がる。それを競うゲームですから、競技会でなくても、それを目標にしてやるものです。
そのうえ、審判がいない。ズルも出来るゲームですから、他のスポーツに比べると、人間のいやらしさが、おもむろに出やすいゲームです。
しかし、HCがあるので、それぞれのレベルに応じて、目標を立てやすい点もあります。
私としては、ゴルフをするなら、競技会には出た方が、目標にも励みにもなるので、良いと思うのですが、一方で、そういったものが嫌だ。だけどゴルフが好きだ、やりたいう人もいるので、まさに難しい問題です。